私がむくみ解消を伝授するブログ

ビタミンでむくみが解消できるのかを実験

ビタミンAは動物にのみに見られる。物質が特定される以前はビタミンFとされていたが、いわゆるビタミンと総称される、摂取を必須とする生理活性物質の多くと比べて必要摂取量が多く、必須アミノ酸と同様に主要な体組織構成物質の一角をなしていること、ビタミンや無機質(ミネラル)以外の、いわゆる古典的に三大栄養素と呼ばれたタンパク質、炭水化物、脂肪のひとつである、脂肪(中性脂肪)分子の構成要素でもあることなどから、現在ではビタミンに含めないことが多い。保湿成分や美白成分などの美容成分が濃縮して配合されている。特に、健康法や美容法において「細胞の新陳代謝」などという使われ方をするが、これはしばしば生化学における代謝の意味ではなく、細胞自体の入れ替わりを意味する表現である。その経緯と、既に標榜科の整形外科学 整形外科や形成外科学 形成外科の定義付けに、美容外科的なものが含まれてなかった事もあり、美容外科は1978年(昭和53年)に標榜科目に認可された。美容外科(びようげか)(Cosmetic Surgey)は、人体の機能上の欠損や変形の矯正よりも、むくみ専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す、形成外科の一分野である。 美容(びよう)とは、容姿を美しくすることをいい、理容(りよう)とは、容姿を整えることをいう。これは、ホルモンが、体内(血液中)に分泌されることから、体外(消化管の内腔を含む)に分泌される外分泌(exocrine)と対比する呼び方である。ホルモンを分泌する器官を内分泌器 内分泌器官(endocrine organs)と呼ぶ。ホルモン焼きを参照。受容体がホルモンと結合することが、その器官でホルモンの作用が発揮される第一のステップとなる。 いわゆる環境ホルモンは内分泌攪乱化学物質を参照。植物ホルモンを参照。ホルモンの標的器官の細胞には、ホルモン分子に特異的に結合する蛋白質であるホルモン受容体(ホルモン・レセプター)が存在する。ホルモン(英:hormone)とは、動物の体内において、ある決まった器官で合成・分泌され、体液(血液)を通して体内を循環し、別の決まった器官でその効果を発揮する生理活性物質のこと。例えば、典型的なペプチドホルモンの血液中の濃度は、10-9 モル濃度 mol/L(nmol/L=ナノモル)程度と、きわめて低濃度である。
[PR]



# by assajub48 | 2010-06-12 09:18

オススメのむくみがとれちゃう方法などを公開中です。
by assajub48
プロフィールを見る
画像一覧

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧